2005年11月29日

05年Jリーグ優勝争いのもつれ

12・3 NHK史上初の5元中継

 史上最大5チームで優勝を争うJリーグ最終節は12月3日に行われる。上位同士の直接対決がないため、優勝チームが誕生する可能性のある会場はなんと5つ。C大阪―FC東京戦を生中継するNHKは、5会場すべてに中継車を出し、史上初の“5元中継”を行うことを決めた。Jリーグも表彰式に使うチャンピオンフラッグの代替品製作など、複数の会場への対応策に追われた。

 C大阪、G大阪、鹿島、浦和、千葉…。5チームが勝ち点差2の中に入った状況で最終節を迎える空前の大混戦に、NHKは中継車5台、スタッフ100人という史上最大の中継態勢を敷くことを決めた。当日は午後1時50分から総合でC大阪―FC東京戦(長居)を、14時から衛星第1で川崎F―G大阪戦(等々力)を生中継するが、これ以外にも鹿島―柏(カシマ)千葉―名古屋(フクアリ)新潟―浦和(新潟)の3会場に中継車を出す。

 NHK番組広報部は「5会場の試合経過と優勝決定の瞬間も放送します。スタッフは総勢約100人になる」と説明。民放との放送権との兼ね合いで、すべて生の映像になるかは未定だが、ゴールシーンなどは随時画面を切り替えて対応する予定だ。03年第2ステージ最終節でも磐田、鹿島、横浜の3チームに優勝の可能性があったが、最終節での5チーム対応は最多となる。

 またJリーグは表彰式について検討。首位のC大阪がいる長居にJリーグ杯、2位のG大阪が出る等々力にチャンピオンフラッグを配置することにした。カシマ、新潟、フクアリにも表彰用アイテムが必要だが、ここには代替品で対応。1枚10万円もするチャンピオンフラッグと同じ3枚の旗を、セレモニー専用の“ダミー”として急きょ発注した。

 Jリーグは今季から2ステージ制を廃止し、1ステージ制にしたばかり。独走チームがあればシーズン終盤の盛り上がりに水を差すリスクもあっただけに、Jリーグの佐々木事務局長は「予想もしていなかった大混戦で、しかも直接対決がないから5会場で熱気あふれる試合が見られる」と大詰めでの混戦模様を歓迎していた。

5会場を同時生中継しないと、どこの会場から優勝チームがでるかわからないという事態になった。
優勝カップは一つしかないから、表彰される会場によっては、優勝カップ授与もない可能性もある。
それほどもつれた優勝争いだったということですが、スリリングな試合を多く見たような気がしない。

そこに寂しさがある。
posted by soccerboy at 06:42 | Comment(0) | TrackBack(1) | Jリーグ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/9946809

週末はスタジアムへ
Excerpt: ランキングの目標を10位以内に修正します。 だってもうすぐ20位なんだもの。 紅緒です。 俺は自他共に認めるサッカー好きなのですが 現在サッカー好きでなくともサッカーを楽しめる状態になって..
Weblog: お笑いライブ【WARARESS〜ワラレス〜】大入りプロジェクト
Tracked: 2005-11-29 10:19
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。