2005年11月25日

主将ロイ・キーン

マンU、主将ロイ・キーンの即時退団を発表


サッカーのイングランド・プレミアリーグの強豪、マンチェスター・ユナイテッド(マンU)は18日、主将で、アイルランド元代表のMF、ロイ・キーン(34)の退団を発表した。キーンは今年10月、今季限りでクラブを去ることを示唆していたが、今回の発表は即時の退団となっている。現契約は来年6月に切れる。


クラブ側は、ウェブサイトに声明を発表し、双方が合意した上での決定としている。キーンは今後、移籍先を探すことになる。キーンは最近、チームがリーグ戦や欧州チャンピオンズリーグで惨敗したことなどを受け、若手選手をテレビで糾弾、論議を呼んでいた。


キーンは1993年、当時のプレミアリーグ界では最高金額でノッティングガム・フォレストからマンUへ入団。リーグ優勝などに貢献してきた。


アイルランドは2006年ワールドカップ(W杯)ドイツ大会欧州予選の最終戦でスイスと引き分け、本大会への出場権を獲得出来ず、キーンは代表チームからの引退も表明済み。


主将の即時退団を発表するとは、穏やかではない。険悪な空気があるのだろうが、これでは、キーンがサッカーをやる気がなくなってしまう。

円満退団を普通は演出するものだと思うが、これでは喧嘩別れだと思う。

イングランド・プレミアリーグのボルトンが、元アイルランド代表MFロイ・キーンの獲得に乗り出す意向を表明した。
スコットランド・プレミアリーグのセルティックも興味を示しているらしい。

キーンは引退するのだろうか?
posted by soccerboy at 07:16 | Comment(0) | TrackBack(1) | サッカー海外
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/9778873

アイルランド代表 ロイ・キーン (マンチェスターU、セルティック)
Excerpt: アイルランド代表 ロイ・キーン (マンチェスターU、セルティック)
Weblog: フィギュアの情報
Tracked: 2006-05-11 22:53
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。