2005年10月13日

ウクライナ戦相変わらず

東欧遠征中の日本代表は12日、ウクライナと対戦し、試合終了直前にPKを取られて0―1で敗れた。

FWアンドリー・シェフチェンコ(29=ACミラン)は欠場だし、二軍相手の試合で勝てないのでは、日本代表の前途は暗い。

FWの得点力がない。前々からの課題が浮き彫りになった。
posted by soccerboy at 07:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー海外
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。