2005年09月09日

FW激戦区大久保

東欧遠征にFW大久保を招聘する予定だそうです。FWは、激戦区になりました。

ジーコ監督は既にW杯本大会23人の絞り込みしています。候補は約30人いる選手たちをチェックしながら、本大会前に最も高いパフォーマンスを発揮できる状態にある選手を選出する予定だ。FWを、激戦区にして勢いのある選手を使う方針です。

10月の東欧遠征(8日ラトビア戦、12日ウクライナ戦)に、FW大久保嘉人(マジョルカ)、松井大輔(ル・マン)、小野伸二(フェイエノールト)を考えているようだ。

FW大久保は、ジーコ監督の評価は高かったが、その期待に応えず、17試合連続無得点という不名誉な記録をつくった。04年2月の鹿嶋合宿中に無断外出事件が加わり、ジーコ監督の信頼を失い、代表から外れた。

昨年12月16日のドイツ戦で大久保は1試合だけ復帰出来たが、後半25分から出場したものの、大久保自身のミスが失点の原因となってしまい再び代表から遠ざかった。

FWの代表争いは熾烈になりそうですが、ここにジーコ監督の真意があります。競わせて、FWの前へ出る気持ちを鼓舞する作戦です。

FWを、激戦区にして、次の展開を見ているのが、ジーコ監督です。それが全日本サッカーを強化する道です。

posted by soccerboy at 08:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー海外
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/6723963
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。