2005年07月24日

暴行事件

22日にマンチェスター・シティーのMFジョーイ・バートンが、ホテルのバーで15歳のエバートン・ファンの少年と口論となり、少年を殴った。

止めに入った主将のDFリチャード・ダン(25)の手にもバートンは、かみつき、ダンはこの騒ぎで足を骨折し、来月13日のプレミア開幕戦出場は絶望的となった。

バートンは、タイ・バンコクから強制送還された上、約600万円の罰金を科せられ、チームの移籍リストに入れられた。

サッカー選手だから、蹴飛ばしはしないのかな。華麗な足技テクニックでも、披露しようとして喧嘩になったのかな。

でも15歳少年がホテルのバーにいるのもおかしくて、笑わせるが、足を骨折した、ダンには、同情するよ。

荒っぽい選手だな。
posted by soccerboy at 07:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー海外
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/5318449
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。