2006年09月01日

大黒トリノへ

大黒トリノ決定 8人目のセリエA戦士

 フランス2部グルノーブルのFW大黒将志(26)が欧州移籍期限となった8月31日に、セリエAトリノに“駆け込み”移籍した。移籍金150万ユーロ(約2億2500万円)、年俸30万ユーロ(約4500万円、ともに推定)で完全移籍の2年契約。1日にはトリノ市内で記者会見を開く。メッシーナに移籍したMF小笠原に続き、日本人8人目のセリエA戦士が誕生した。

 大黒が、念願だったトリノに滑り込んだ。欧州移籍期限となったタイムリミットの8月31日。ミラノ市内で大黒本人と代理人のブランキーニ氏は、トリノの幹部らを相手に最終交渉を行った。関係者によれば「完全移籍での2年契約にサインした」という。メッシーナに移籍したMF小笠原に続き、日本人8人目のセリエA戦士が誕生した。

 トリノは今季、4シーズンぶりにセリエAに復帰。42〜49年の5連覇(第2次世界大戦を挟み)を含む7度の優勝を誇る古豪。昨季はセリエBで5位となりプレーオフの末、昇格を決めた。新シーズンを迎えるにあたって新たな“顔”となるFWの存在は必要不可欠な存在だった。大黒には8月上旬から興味を示しラブコールを送った。

 大黒にとっても待望の新天地となった。今年1月にフランス2部のグルノーブルに移籍。W杯を経てステップアップの移籍を望んでいた。それだけに「頑張って試合に出場して、ゴールして、勝利に貢献したい。(移籍期限の)31日ぎりぎりだったが、決まってよかった。これからが勝負なので心機一転、頑張りたい」とうれしそうに話した。

 大黒は既にイタリアに入っており、1日にはトリノ入り。午前中に会見を開き、午後には練習に参加する。近日中には夫人と愛犬ラオウもトリノ入りするもよう。フランスに渡ってからわずか半年で念願のセリエAに駆け込み移籍を実現させた。次は10日、パルマとの開幕戦でのデビューを目指す。

大黒がトリノに移籍した。電撃的な移籍だった。

レギュラーになって欲しい。

とにかく、おめでとう。
posted by soccerboy at 16:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー海外
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/23110549

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。