2006年07月10日

w杯ドイツ大会イタリアが

イタリアが4度目の優勝・PK戦でフランス下す

 世界一を決める戦いはPK戦の末にイタリアが制し、4度目の頂点に輝いた。7分にジダンのPKで先制を許したが、19分にCKからマテラッツィが頭で決めて同点に追いついた。

 後半以降は一貫してフランスのペースに。マルダとアンリがドリブル突破で好機をつくるが、DFカンナバロの絶妙なカバーリングとGKブフォンの好セーブで得点に結びつかなかった。PK戦ではフランスのトレゼゲが外し、イタリアは5人全員が決めた。

 フランスは相手の倍以上の13本のシュートも実らず。この試合を最後に現役を引退するジダンは110分、マテラッツィに強烈な頭突きを見舞い退場。悔いの残るラストゲームとなった。

イタリアの優勝でした。おめでとう。

ジダンさんご苦労さんでした。しかしジダンの頭突きにはビックリした。レッド・カード一発でもらったからね。相当相手のマークがしつこくて頭にきたんだろうね。

ジダンはイタリアのDFマテラッツィと二言三言、言葉を交わした、その次の瞬間、相手の胸板にいきなり頭突きを食らわせた。

マテラッツイはもんどり打って倒れ、主審は副審に確認の上、ジダンにレッドカードを突きつけた。マテラッツイの演技も大げさだが、退場になった。

分からないわけではないが、プロだからいただけない。引退の試合なのだから、自制が必要だったと思う。

それ以上に頭カッカしていたんだ。
posted by soccerboy at 08:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | W杯
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/20555983
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。