2006年06月19日

クロアチア戦

クロアチア戦の結果は0−0の引き分けに終わった。
クロアチアペースの試合でした。

川口が止めたPKが、値千金のプレーでした。負けていたと思う。
後半は、両軍選手、ヘトヘトに疲れて、足が止まっていた。

勝って欲しいという国民の声は届かなかった。
その証拠に平均視聴率は、52.7%だったそうです。

夢は一次リーグ進出だったが、可能性は低い。ブラジルは、敗れないと思うほど、個人技能がブラジル選手は高いし、穴がない。

日本−クロアチア戦、平均視聴率は52.7%

 テレビ朝日系で18日午後9時35分から中継されたサッカー・ワールドカップ(W杯)の日本―クロアチア戦の平均視聴率は、関東地区で52.7%、関西地区で48.9%だったことが19日、ビデオリサーチの調査で分かった。

 日曜夜の放送という視聴しやすい時間帯だったことなどから、日本初戦である対オーストラリア戦の関東地区49.0%を上回ったが、2002年日韓大会の日本―ロシア戦で記録した66.1%などには及ばなかった。

 テレビ朝日によると、ハーフタイムなどを除く試合中の視聴率は60%前後を推移。試合終了直後の午後11時51分に、関東68.6%、関西66.3%の瞬間最高視聴率を記録した。

 同社広報部は「日本代表の健闘とサポーター、視聴者の応援で開局以来の最高視聴率となった」とコメントした。

 フジテレビ系で19日午前零時40分から放送されたブラジル―オーストラリア戦は関東地区11.0%、関西地区10.9%だった。
posted by soccerboy at 12:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | W杯
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/19499892

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。