2006年04月19日

サッカーワールドカップドイツ大会の決勝だけ

W杯決勝ボールは白地に金・「皇帝」がお披露目

6月に開幕するサッカーのワールドカップ(W杯)ドイツ大会の決勝だけで使われるボールが18日、決勝が行われるベルリンで発表された。白地に金色を大きくあしらい、「皇帝」の異名を持つかつての名選手、ベッケンバウアー組織委員会会長がお披露目した。

 他の試合でも使われるアディダス(本社ドイツ)製の大会公式球だが「最も重要なゲームには特別なボールがふさわしい」(同会長)として、白と黒のひょうたん形の皮革部分などを優勝トロフィーと同じ金色が目立つ模様に変えた。決勝は7月9日、ベルリン五輪スタジアムで行われる。

 観光客らも取り巻いたベルリンの象徴ブランデンブルク門前で同会長は「ドイツチームに使ってもらいたい」とほほ笑んだ。

優勝トロフィーと同じ金色が目立つ模様に変えたボールを使用する。

決勝戦のみだそうです。

ベッケンバウアー組織委員会会長がお披露目した。ベッケンバウアーという懐かしい名前だな。
posted by soccerboy at 08:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | W杯
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/16757397

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。