2006年04月07日

VISAが公式スポンサー

2007年からVISAがFIFAの公式スポンサーに

クレジットカード大手のVISAがFIFAと公式スポンサー契約を結んだことが明らかになった。契約期間は2007年1月から14年までの8年間。ロイター通信が報じた。

 現在FIFAの公式スポンサーを務めるマスターカードは、1990年からFIFAと契約。2006年W杯のチケット販売について、FIFAおよびドイツサッカー協会と独占契約を結んでいるが、マスターカードに代わり、07年から公式スポンサーとなるVISAは、契約期間中に2度のW杯(10年/南アフリカ、14年/開催地未定)を迎えることになる。なお、契約金は2億ポンド(約412億円)に上るとも伝えられている。

クレジットカード大手のVISAがFIFAと公式スポンサー契約を結んだことが明らかになった。契約金は2億ポンド(約412億円)に上るとも伝えられている。

FIFAは商売上手なようですね。このお金どこに消えるのだろうか。選手育成費にでも使うのだろうか?

それにしても大金ですね。
posted by soccerboy at 17:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/16272938
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。