2006年03月28日

練習休み

合宿初日練習に拍子抜け…先発2トップは休養&調整

2006年3月28日(火) 8時3分 サンケイスポーツ

 30日のエクアドル戦(大分ス)に向けた日本代表合宿がスタートした。FW柳沢敦(28)=鹿島=が右足甲骨折で不参加となった中、ジーコ監督(53)が先発2トップに指名しているFW久保竜彦(29)=横浜M=と玉田圭司(25)=名古屋=はグラウンドに姿を見せずじまい。久保は全身の倦怠感のために宿舎で完全休養。玉田は26日のJリーグ試合出場による疲労を理由に別メニュー調整。柳沢の離脱直後で期待されるエース候補が欠けた拍子抜けの合宿初日となってしまった。

 主役のはずの2人が、ピッチには現れなかった。久保&玉田。ジーコ監督がエクアドル戦先発を23日に早々と明言した2トップは、ともに初日の全体練習から外れた。

 日本協会発表による久保の欠席理由は「全身の倦怠感」。大分入りはしたものの、宿舎で静養に専念。清水邦明ドクターは「体のだるさが残っているということで、無理をさせなかった。熱はない」と説明した。

 25日の浦和戦フル出場後「体が動かなかった」と漏らしていた久保。26日も横浜Mの全体練習から離れていたのに続く別調整だ。同僚のDF中沢も「花粉症じゃないかな」と異変を認めた。腰痛などでまともに戦えなかった昨年に比べ、今年は代表戦4戦とJリーグ5戦すべてに出場し、疲労も無理はない。清水ドクターは「あしたは大丈夫」とし、重症ではないが今後に不安は残る。

 一方玉田は26日の大分戦フル出場を理由にプールなどで軽く調整。しかし同日に同じくフル出場のDF茂庭(FC東京)は、全メニューをこなした。

 「クラブで厳しい部分もあるだろうけど、しっかりやろう!」。ジーコ監督は練習前のミーティングで選手を激励した。28日には地元高校生と練習試合。久保&玉田が出場できるかは、当日の状態次第だ。同時先発した04年4月28日のチェコ戦に1−0勝利するなどしているジーコ・ジャパン最強ペア。期待が大きいだけに、勇躍して合宿初日を踏み出せなかったのは寂しい限りだった。

主力選手が、休んだ。サボったのではないので、OKだよ。

体を故障させては、元も子もないからね。大きい気持ちで見守ってやった方が良いと思う。

2トップの調整はすぐにできるよ。プロだからね。出来なきゃ、プロじゃないよ。
posted by soccerboy at 16:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー海外
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/15628686

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。