2006年03月13日

野球でも判定ミス

歴史的一戦 判定変更に疑問

 九回、西岡のバント処理のミスなどで2死満塁のピンチ。A・ロドリゲスの二遊間への当たりが決勝打となった。米大リーガーがそろう米国との真剣勝負。日本球界にとって、歴史的な一戦はサヨナラ負けに終わった。

 審判員の判定が覆られなければ、日本は勝利を収めていたかもしれない。3―3の八回1死満塁で岩村が左飛。三塁走者の西岡がタッチアップで本塁に突っ込み、1点を勝ち越したかに見えた。このプレーに米国のマルティネス監督が抗議。西岡の離塁が早かったとみなされて、西岡はアウトに変更され、勝ち越しは夢と消えてしまった。

 「投手が持ち味を出してくれれば、接戦に持ち込める」。試合は王監督がにらんでいた通りになった。上原が走者を許しながらも要所で抜群の制球力を発揮。六回に2番手の清水が2ランを浴びて3―3となったが、試合の主導権を終盤まで米国に渡さなかったのは上原の粘りが大きかった。しかし、大リーグのスターが並ぶ米国打線の圧力に、最後は押し切られてしまった。

 ≪判定変更は提訴できず≫米国―日本戦で、判定が覆って日本の勝ち越し点が取り消されたことについて、大会の技術委員を務める横浜の山中正竹球団専務は「アウト、セーフの問題なので、提訴の対象にならない」との見解を示した。

 山中専務は試合直後、この試合を担当した技術委員や審判員スーパーバイザーらに判定変更について確認。その内容を「権限のない二塁塁審が最初にセーフ(離塁が早くない)の判定を出したが、本来は球審が判断するところ。その球審が『早いと見た』ということだった」と説明した。

何度もテレビで放映されていた。

とった後の離塁に見えるが、判定はアウト。

野球でもサッカーでも審判の判定は絶対だ。

そのように見えたのなら、アウトだろう。

審判は絶えず、訓練していないといけません。鼻が高いだけでは駄目です。
正確に判定する位置に行ける判断が大切です。

勝負は、審判が左右する。

しかし一度決定した判定を米監督の抗議で覆して、アウトにするのは、あまり聞いた事がない。

これでは勝負は永久につかない。恨みすら残る!
posted by soccerboy at 16:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/14753667

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。