2005年12月17日

サッカーワールドカップ商戦

サッカー関連商品、W杯前に商戦白熱

2006年6月開催のサッカーワールドカップ(W杯)ドイツ大会をにらみ、サッカー関連商品の販売競争が国内で白熱してきた。五輪と並ぶ世界的なスポーツイベントを一大商機と見据え、スポーツ用品各社は相次ぎ新機軸を打ち出している。前回の日韓大会以後、日本でサッカー人気が急速に高まったことから、W杯をテコに収益を拡大する考えだ。

 「日本市場ではサッカーを核に成長する」(アディダス・ジャパンのロバート・ラングスタッフ社長)。日本代表にユニホームを提供する同社はサッカー用品の専門店舗の出店に拍車を掛ける。

サッカーワールドカップで一儲けを狙っている会社が多くなるんだね。

それはそれでよいのだろう。資本主義の世界だからね。

ただ商品の質だけは落として欲しくないと思う。

ネット社会なんだな。サッカーでもネット世界が形成が始まっているんだ。
posted by soccerboy at 13:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。