2005年12月16日

リバプール決勝へ

ジェラード豪快 リバプール決勝へ

 世界クラブ選手権は15日、横浜国際競技場で準決勝の残り1試合を行い、欧州代表のリバプール(イングランド)が北中米カリブ海代表のサプリサ(コスタリカ)に3―0と快勝。初代王者の座をかけて18日の決勝でサンパウロ(ブラジル)と対戦する。リバプールはFWピーター・クロウチ(24)が2ゴール、主将のMFスティーブン・ジェラード(25)が1ゴールと、イングランド代表コンビが全得点を叩き出した。

 スタンドから驚嘆のため息が漏れた。まさにワールドクラス。ジェラードのスーパーボレーだ。1―0の前半32分、リーセの左クロスをゴール前で待ち構えた。タイミングを計って右足でとらえると、目の覚めるようなシュートが右ポストに当たり、ネットに突き刺さった。「ゴールが決まった時は最高の気分だった」。本人も自画自賛する一撃で、試合はほぼ決まった。

ジェラードのスーパーボレーに、クロウチ右足ボレーも良かった。二人の活躍で世界クラブ選手権決勝にこまを進めた。

サンパウロとの決勝戦です。
posted by soccerboy at 09:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー国内
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/10719363

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。