2006年08月31日

06年サウジアラビア・イエメン戦日本代表

日本代表メンバー表
GK
  川口 能活 磐田
  山岸 範宏 浦和
  西川 周作 大分
DF
  三都主アレサンドロ 浦和
  坪井 慶介 浦和
  田中マルクス闘莉王 浦和
  加地 亮 G大阪
  駒野 友一 広島
MF
  中村 直志 名古屋
  羽生 直剛 千葉
  遠藤 保仁 G大阪
  二川 孝広 G大阪
  鈴木 啓太 浦和
  阿部 勇樹 千葉
  山瀬 功治 横浜
  田中 隼磨 横浜
  小林 大悟 大宮
  長谷部 誠 浦和
  伊野波 雅彦 FC東京
  梅崎 司 大分
FW
  巻 誠一郎 千葉
  我那覇 和樹 川崎
  佐藤 寿人 広島
  田中 達也 浦和
だいぶ出身チームに偏りがあるように感じるな。
posted by soccerboy at 14:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー海外

J1結果06年第21節

8月30日(水) に行われた。
鹿  島  2−1  名 古 屋
大  宮  2−2  福  岡
千  葉  1−2  川 崎 F
FC東京  2−3  C 大 阪
横  浜  3−0  甲  府
清  水  1−0  京  都
G 大 阪  3−0  新  潟
広  島  2−1  磐  田
大  分  2−1  浦  和
posted by soccerboy at 13:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | Jリーグ

2006年08月30日

国民的人気

サッカー選手で早実・斎藤佑樹投手ほど、国民的人気選手はいるだろうか?

野球の人気は落ちているはずなのに、サッカーは追い抜いたのであろうか?

高校野球はまた、別格大臣なのだろうか?

願わくは、早実・斎藤佑樹投手のような人気のサッカー選手が出ることを祈る。

ハンカチ王子を守れ−ーーこれはすごい。
posted by soccerboy at 13:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | Jリーグ

2006年08月28日

J2結果06年第36節

8月26日(土)に行われた。
札  幌  1−2  横浜FC
山  形  1−0  仙  台
  柏    3−1  愛媛FC
湘  南  2−1  草  津
神  戸  2−1  東 京 V
徳  島  1−2  鳥  栖
posted by soccerboy at 12:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | Jリーグ

J1結果06年第20節

8月27日(日)に行われた。
名 古 屋  3−3  G 大 阪
京  都  0−4  横  浜
8月26日(土) に行われた。
鹿  島  0−2  広  島
大  宮  1−5  川 崎 F
甲  府  1−1  磐  田
新  潟  3−3  大  分
清  水  2−0  FC東京
C 大 阪  1−2  浦  和
福  岡  1−3  千  葉
posted by soccerboy at 12:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | Jリーグ

2006年08月24日

J1結果06年第19節

8月23日(水)に行われた。
浦  和  3−1  新  潟
FC東京  5−1  福  岡
川 崎 F  4−2  名 古 屋
横  浜  1−2  大  宮
甲  府  2−1  鹿  島
磐  田  3−1  千  葉
京  都  4−4  C 大 阪
G 大 阪  3−2  広  島
大  分  3−3  清  水
posted by soccerboy at 08:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | Jリーグ

J1結果06年第18節

8月20日(日)に行われた。
千  葉  3−4  FC東京
広  島  0−1  大  分
8月19日(土) に行われた。
鹿  島  2−2  浦  和
大  宮  0−2  G 大 阪
新  潟  2−1  川 崎 F
清  水  4−0  甲  府
名 古 屋  3−1  磐  田
C 大 阪  2−0  横  浜
福  岡  4−5  京  都
posted by soccerboy at 08:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | Jリーグ

J2結果06年第34節

8月19日(土) に行われた。
札  幌  3−1  仙  台
水  戸  0−1    柏  
東 京 V  1−1  草  津
横浜FC  2−1  山  形
神  戸  1−0  愛媛FC
徳  島  2−1  湘  南
忘れていました。
posted by soccerboy at 08:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | Jリーグ

J2結果06年第35節

8月23日(水) に行われた。
仙  台  1−1  横浜FC
水  戸  2−0  山  形
草  津  1−0  徳  島
愛媛FC  1−2  湘  南
鳥  栖  0−1  神  戸     
8月22日(火) に行われた。
東 京 V  4−1    柏  
posted by soccerboy at 08:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | Jリーグ

2006年08月17日

イエメン戦

オシムイライラ 選手入れ替え示唆

 イビチャ・オシム監督(65)率いる日本代表は16日、新潟スタジアムで3連覇を目指すアジア杯の予選A組第2戦でイエメン代表と対戦。MF阿部勇樹(24)とFW佐藤寿人(24)のゴールで2―0と勝利、A組首位を守ったが、引いて守る相手に大苦戦。指揮官はアイデア不足、ボール回しが遅いなどの問題点を挙げて、9月の中東遠征に向け選手の入れ替えを含めチームを再構築する方針を示した。

 ペットボトルを投げつけた。我慢の限界だった。後半24分、巻のヘディングシュートがGKに防がれたのを見るとオシム監督は怒りのパフォーマンスを見せた。日本代表のふがいなさに65歳の老将は、じっと耐えることができなくなった。

 放ったシュートは30本も奪ったのは2点。以前と変わらぬ決定力不足だった。前半は我慢していた指揮官はハーフタイムに「リスクを冒して攻めろ。後ろに3人もいてどうするんだ」とまくし立てた。後半開始からDF駒野に代え、左右に動き回る羽生を投入。好采配で流れを引き寄せ最後に勝ち点3は手にしたが、内容には不満しか残らない。

 試合後の会見では「私が不満な点を申し上げましょう」と自ら切り出した。「DFラインでのボール回しが遅かった。各駅停車のよう。それも駅がいっぱいある。それでは相手の陣形を崩すことなどできない。左右に動かしてもスペースはできない。相手も到着する。数的有利がつくれなかったことが不満」とイラ立ちを隠さずに語った。中央を固める相手を崩すにはサイドを突くしかないが、日本はDF4人のうち3人が残り、横パスばかりで、サイドを変えるのに時間がかかるため逆サイドのスペースを埋められてしまう。指揮官はその点を指摘した。

 セットプレーにも「打ち合わせと違う蹴り方をした。もっと強い相手なら取り返しがつかない。日本のように技術があるなら5回に1回は決めないといけない」と苦言を呈した。

 中東のチームが引いてくるのは想定内だった。「アイデアのあるプレー、頭を使ったプレーが不十分だった。例えば日本が引いて相手をつり出して、そのスペースにパスを出していけばもっと楽になる。無駄にパスを回し、無駄に走って体力を消耗していた」。相手が引いてくるのも背が低いのも試合前に情報を与えた。「考えること」をテーマとしながら対応できなかったチームを嘆いた。守備面には「規律があって組織だっていて、忍耐強さもあった」と収穫を認めながらも、攻撃面には最後まで手厳しかった。

 9月6日にはイエメンとアウエーで再戦する。「次の試合までには戦術上の問題、アイデアを持った攻撃をどう行うか、選手の入れ替えを含めていくつかのことを考えたい」とメンバーの入れ替えの可能性も示唆する。「サッカーでは得点のアイデアを固めるのが難しい」。目指すレベルは高い。「敗北こそ最大の教師」という名将は勝ってなお日本の問題点に目を向けた。

 ≪オシム監督に聞く≫

 ――セットプレーで2得点したが、流れの中の攻撃には満足したか?

 「相手がファウルでしか止められないプレーをすることが大事。それまでのプレーはまずまずだが、FKには満足していません。FKとCK合わせて20本以上あったが、日本のような技術が高いチームならば、最低でも5本に1回ぐらいは決めないといけない」

 ――後半開始から羽生を投入した意図は?

 「そんなに面白い問題ですか?交代の羽生は、素晴らしいものでも、ひどいものでもなく平凡でした。指示としては、動き回って左右に開けということ。イエメンには小さくて速い選手がいたので、羽生をマークさせて中盤や逆サイドにスペースを空けさせようとした」

 ――初戦と比べて進歩はあったのか?

 「守備面については、規律、組織性、忍耐強さなどの面で進歩があったと思う。強いチームというのは守備がしっかりしているのが今のサッカー。そういう点では進歩がなかったわけではない。でもきょうの試合は皆さんには不満の残る試合ではなかったですか?そのことを心配しています」

 ――浦和など、同じクラブの選手を多く招集しているが、今後もそれは続くのか?

 「私が以前いたクラブの選手はみんないいプレーをしましたか?ならば、私はみんなジェフの選手を呼びます。浦和や千葉については、代表に選ばれる力があったから呼んだのです」

イエメン戦2−0で勝ったが、走るサッカーではない。

みな立つていた。

走りこみなし、バックパスの連発じゃ、相手は崩れない。
posted by soccerboy at 20:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー国内

2006年08月14日

トリニダード・トバゴ戦

トリニダード・トバゴ戦あれよあれよという前に勝ってしまった。

すごい監督ですな。

2−0の勝利の美酒に酔わないなんって。

魅力ある人だと思う。今後苦労すると思う。

そのとき、どういう工夫をしていくのかが、見ものですね。
posted by soccerboy at 11:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー国内

J1結果06年第17節

8月12日(土)に行われた。
広  島  1−2  清  水
浦  和  4−0  FC東京
川 崎 F  1−1  横  浜
新  潟  1−2  千  葉
磐  田  3−3  鹿  島
名 古 屋  5−1  甲  府
京  都  1−4  G 大 阪
C 大 阪  0−1  大  宮
福  岡  0−2  大  分
posted by soccerboy at 11:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | Jリーグ

J2結果06年第33節

8月12日(土)に行われた。
仙  台  3−1  水  戸
山  形  2−1  徳  島
草  津  1−1  横浜FC  
柏    2−5  鳥  栖
湘  南  3−0  東 京 V     
8月11日(金) に行われた。
愛媛FC  1−0  札  幌
posted by soccerboy at 11:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | Jリーグ

2006年08月07日

J2結果06年第32節

8月6日(日)に行われた。
  柏    2−1  山  形
東 京 V  1−4  愛媛FC
横浜FC  3−2  水  戸
神  戸  1−0  仙  台
徳  島  0−0  札  幌
鳥  栖  0−1  草  津
posted by soccerboy at 14:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | Jリーグ

2006年08月05日

13人の全日本代表

協会に当てつけ 代表たった13人

オシム監督が日本サッカー協会に“先制パンチ”を食らわせた。トリニダード・トバゴ代表との親善試合(9日、国立)に挑む日本代表メンバーが4日に発表されたが、イビチャ・オシム監督(65)が選んだメンバーはわずか13人。クラブの試合日程と重複するため千葉、G大阪、鹿島などから思い通りに選手を招集できない不満を、13人という変則招集で日本協会に当てつけた。オシムジャパンにとってはドタバタの船出となった。

 オシム監督に促されてメンバーを発表した田嶋専務理事の表情は苦渋に満ちていた。GKの川口からFWの田中達までリストを読み上げると「以上、13人です」と締めた。予定より10人も少ない人数にどよめきが起きる。その中で指揮官だけは“さあ、どうしますか?”と言わんばかりに涼しい顔で周囲を見渡した。

 「13人でも試合はできる。少ないと言うが、この13人をどうして信用しないのか?」と切り出したオシム監督は「(私は)代表の監督になったばかり。代表強化の日程に影響を及ぼすことはできないし、各クラブの活動にまだ口出しもできない。各クラブの日程、A3、代表という3つが重なってしまった」と続けた。指揮官が遠回しに伝えたのは、トリニダード・トバゴ戦にオシムイズムを知り尽くす千葉と昨季の優勝チームであるG大阪から選手を招集できないことへの不満だ。

 日本協会はA3チャンピオンズカップに参加している千葉とG大阪からは選手の招集を見送るようオシム監督に要請。同時に中国遠征中の鹿島への配慮も求められた。だが、千葉、G大阪には巻、阿部、加地ら有力選手が多い。間にリーグ戦を挟むとはいえ、1週間後の16日にはアジア杯予選のイエメン戦が控えている。当然、指揮官は初戦からベストメンバーの編成を目指した。

 オシム監督は代表発表を1日から4日に変更してまで千葉、G大阪からの招集に固執。だが、ついに日本協会の方針は覆らなかった。「本来、代表はクルクルとメンバーを代えるものではない。トリニダード・トバゴ戦、イエメン戦は基本的に同じメンバー。全体では20人ぐらいになるだろう。2試合をこのメンバーで戦う。大事なのは一緒に集まることだ」。2試合でメンバーを変更したくない意向のためリスト外の代替要員を招集するつもりもない。呼びたくても呼べない千葉、G大阪などのメンバーをリストから外した結果が「13人」という異例の代表発表につながった。オシム監督の日本協会に対する露骨なまでの反抗であり、駆け引きでもあった。

 結局、一両日中にも選手を追加招集することが確認されたが、何人追加するのか、A3組を呼ぶかどうかは不明のまま。川淵キャプテンは「13人とはビックリした。簡単には妥協しないというオシムさんの姿勢の表れだろう。オシムと田嶋の信頼関係で最終決定を待つしかない」と困惑気味に話した。16日のイエメン戦には希望通りに選手を招集できるが、オシム監督が求めるのはあくまでも初戦からのベスト布陣。日本協会が大幅譲歩しない限り、このままでは6日から13人だけで代表合宿をスタートせざるをえなくなる。

 ≪オシム監督に聞く≫

 ――13人だが、追加招集の可能性はあるのか。

 招集できない大会や遠征しているチームから新しく選ばれる可能性はある。代表と(クラブの試合が)バッティングしたからこういう事態になった。今後はこういう事態にならないようにしてもらいたい。

 ――メンバー選考にあたって重要だった点は。

 前回の就任会見で話したことを表現するために必要な選手。どういう試合をするかで、前回の会見で述べたことに対する現在の回答になるだろう。サッカーは11人のピースで組み立てて、はい、出来上がりではない。

 ――選んだ選手はどこがいいと判断したのか。

 選手の分析をしろということですか。話すことはできますが、非常に長くなります。第一の基準は全員、日本人であること。これは絶対条件です。それだけです。

 ――年齢的に若いし、Aマッチの経験の少ない人が入っていますが。

 若すぎることはない。サッカー選手としては普通の年齢。経験について言えば最初は誰もが初心者。経験がないと言って選ばないならいつまでたっても経験はない。論理的でしょ。皆さん。

 ――トリニダード・トバゴ戦の位置づけは。

 簡単に勝てるという雰囲気があったら取り消してください。勝つのが当然というのは違う。もし負けたらあの監督はダメという意見がすぐ出るでしょ。もし、私に権限があればトリニダード・トバゴは選ばなかった。強いチームとやるのであればもう1回ブラジルとやる。本気にしましたか、みなさん。詳しく書かなくて結構ですよ。

オシム監督は13人しか選ばなかった。

本気でそう考えたとは、思えない。

ゆっくりと人選しているだけなのだろう。

全て今の段階の構想は、おそらく持っているだろう。
posted by soccerboy at 13:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | W杯

2006年08月04日

J2結果06年第31節

7月29日(土)に行われた。
札  幌  1−5  湘  南
仙  台  0−1  鳥  栖
山  形  1−1  神  戸
水  戸  1−2  東 京 V
草  津  1−1    柏  
徳  島  0−2  横浜FC
posted by soccerboy at 12:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | Jリーグ

J1結果06年第16節

7月30日(日)に行われた。
千  葉  2−3  名 古 屋
横  浜  2−0  新  潟
7月29日(土)に行われた。
大  宮  1−0  京  都
FC東京  0−2  広  島
甲  府  1−1  浦  和
鹿  島  2−0  C 大 阪
清  水  2−0  磐  田
G 大 阪  2−2  福  岡
大  分  1−1  川 崎 F
posted by soccerboy at 12:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | Jリーグ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。