2006年07月31日

電車嫌い

“電車イヤ”オシム監督ドタキャン

 日本代表のイビチャ・オシム監督(65)は30日、千葉・市原市で行われたボスニア・ヘルツェゴビナの少年チームKRILOと地元・蘇我SCの親善試合を観戦する予定だったが、急きょキャンセルした。

 キャンセルの理由は意外なところにあった。送迎する千葉の祖母井GMの乗用車が故障。電車で行くしかなかったが“電車移動が嫌”と拒否したというのだ。ドタキャンはしたものの、子供たちへの思いやりは深かった。KRILOには、自身の取材費を積み立てた「オシム基金」でボールやジャージーを贈ったほか、個人契約していたプーマ社製のスパイクやバッグもプレゼント。来日していない選手にも用具を送る意向だ。

 オシム監督は、この日夜にはU―21日本代表の反町監督、井原コーチとともに横浜―新潟戦を視察。試合後には、8月1日に発表する日本代表の選考について「まだ決めていない」と悩んでいることを明らかにした。

 新生オシムジャパンは8月9日にトリニダード・トバゴ戦(国立)、16日にはアジア杯予選イエメン戦(新潟)を控えている。ただトリニダード・トバゴ戦はA3杯に出場するG大阪と千葉の選手を招集できない制約もあるため「2試合あるから、選ぶのは簡単なことではない」と2試合別々にメンバーを選ぶ可能性があることを示唆した。

電車に乗るのが嫌いなんですね。オムシ監督は、面白いおじいちゃんっという感じですね。

なぜキライなのかなぁ。
posted by soccerboy at 11:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | Jリーグ

2006年07月29日

J2結果06年第30節

7月26日(水)に行われた。
  柏    2−1  徳  島
東 京 V  1−2  札  幌
湘  南  0−3  仙  台
神  戸  2−0  水  戸
愛媛FC  2−2  横浜FC
鳥  栖  1−2  山  形
posted by soccerboy at 17:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | Jリーグ

J1結果06年第15節

7月26日(水)に行われた。
浦  和  1−0  大  分
川 崎 F  3−2  G 大 阪
新  潟  0−1  鹿  島
磐  田  3−1  横  浜
名 古 屋  2−0  大  宮
京  都  1−2  千  葉
C 大 阪  1−5  FC東京
広  島  1−3  甲  府
福  岡  1−2  清  水
posted by soccerboy at 17:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | Jリーグ

2006年07月25日

新生日本代表

オシム監督「代表を練習漬けに」

イビチャ・オシム監督(65)をはじめ、各世代の日本代表スタッフが24日、東京・本郷のJFAハウスに集結し、初の合同ミーティングを開催した。話し合いの中でオシム監督は練習時間の大幅増を要望したほか、選考基準、合宿中の代表選手入れ替えなどオシム流の改革を提案。オシムイズム浸透のため、ミーティングは今後、数カ月に1度、定期的に行われることも決まった。

 オシム監督以下、大熊コーチ、U―21代表の反町監督ら13人が集まったミーティングは、午後3時から6時すぎまで3時間を超える熱の入ったものとなった。その中で、指揮官は日本代表再生のための改革案を訴えた。

 ▼練習漬け 指揮官は「練習を多くしたい」と田嶋技術委員長に要望した。走るサッカーは体力なくしては実現しない。しかも、状況判断が重要で、選手それぞれが連動する動きが求められる。要望を受け、田嶋技術委員長は早速、スケジュール調整に動き出す考えを示唆。8月9日に行われるトリニダード・トバゴ戦のメンバー発表は6日に予定されていたが、これを白紙に戻した。「前倒しは、ないわけではない」と合宿開始を予定の7日より早める可能性も出てきた。

 ▼選考基準 フィジカル、メンタル、技術、戦術理解の4項目がポイントとなったが、指揮官は特にメンタル重視を強調。加藤GKコーチによれば「W杯に出た選手、出られなかった選手(のメンタル)を見ている」という。現在は「古い井戸」と評された中堅、ベテラン選手の精神面をチェック。「苦しい時にどういうプレーをするか」(大熊コーチ)を見極めている。

 ▼競争 代表は集合直前まで決めず、練習のパフォーマンスが悪ければ合宿中の入れ替えもある。

 ▼ネットワーク化 監督就任後はクラブとの連携を重視。選手の心身の状態を常時、把握するため、各クラブのトレーナーレベルにまで網を張ることを決めた。

 オシム監督はミーティングでは組織、技術、敏しょう性という特性を生かし、「日本の長所を出して世界との差を埋めていこう」と訴えた。今後もミーティングは定期的に開催されることが決定。各年代が一体となってオシム流改革を進めていく。

オシム監督が、日本代表監督に代わってから、新しい新機軸が打ち出されている。

オシム監督の手腕に期待しようではないか。

どのような日本代表に変身させるのか楽しみだな。

監督1年で足りるのかな。
posted by soccerboy at 12:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | W杯

2006年07月23日

J2結果06年第29節

7月22日(土)に行われた。
札  幌  2−2  草  津
仙  台  1−1  愛媛FC
山  形  0−1  東 京 V
水  戸  2−2  鳥  栖
横浜FC  1−1  湘  南
徳  島  1−2  神  戸
posted by soccerboy at 12:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | Jリーグ

J1結果06年第14節

7月22日(土)に行われた。
大  分  4−0  新  潟
FC東京  2−4  鹿  島
広  島  2−4  千  葉
大  宮  3−1  甲  府
川 崎 F  0−2  浦  和
磐  田  3−1  C 大 阪
G 大 阪  5−1  名 古 屋
7月23日(日) に行われた。
横  浜  0−0  福  岡
京  都  2−1  清  水
posted by soccerboy at 12:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | Jリーグ

2006年07月21日

J1結果06年第13節

7月19日(水)に行われた。
久しぶりのJ1の試合です。
鹿  島  2−4  川 崎 F
大  宮  2−1  磐  田
千  葉  1−2  G 大 阪
甲  府  3−1  京  都
新  潟  2−1  浦  和
清  水  1−0  横  浜
名 古 屋  2−3  広  島
C 大 阪  0−2  大  分
福  岡  0−0  FC東京
posted by soccerboy at 13:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | Jリーグ

J2結果06年第28節

第28節
7月17日(月)に行われた。
愛媛FC  0−1  水  戸     
7月16日(日)に行われた。
湘  南  1−0  山  形
草  津  0−2  仙  台
  柏    3−0  神  戸
東 京 V  4−2  徳  島
鳥  栖  4−0  札  幌
posted by soccerboy at 13:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | Jリーグ

2006年07月13日

J2結果06年第27節

7月12日に行われた。
札幌  2 - 1 柏
仙台  1 - 2 東京V
山形  2 - 0 愛媛
水戸  3 - 2 湘南
横浜FC 1 - 0 鳥栖
神戸  3 - 2 草津
posted by soccerboy at 15:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | Jリーグ

ジダンの胸のうち

ジダン「母や姉への激しい侮辱が原因」・テレビで説明

サッカーのワールドカップ(W杯)決勝で退場処分を受けたフランスのジダン選手は12日、フランスのテレビ、カナル・プリュスのインタビューに応じ、自分の母親と姉についてイタリアのマテラッツィ選手が「非常に激しい言葉で何度も」侮辱したのが暴力行為の原因だと述べた。

 ジダン選手は、具体的に何を言われたのかについては「母と姉に関する非常に個人的なことだし、それに非常に激しい言葉だ」として、明言しなかった。

 また、決勝をテレビなどで観戦していた子どもたちやファンに対して「おわびしたい」と述べる一方、「侮辱の激しさ」を理由に「(暴力行為を)後悔はしていない」と強調した。

具体的言葉は語られなかったが、ジダンの胸のうちが良く分かる。

もうこれ以上は言いたくないんだ。

これでおしまいにしようと言う事でしょう。
posted by soccerboy at 08:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | W杯

2006年07月11日

ジーコの旅

ドイツ・ワールドカップ組別リーグ脱落で任期を終えたブラジル出身のジーコ前日本代表チーム監督がトルコのプロサッカー1部リーグチーム、フェネルバフチェの監督に就任する。イスタンブールを本拠地とするフェネルバフチェは具体的な契約条件は明らかにしないが、ジーコ監督と2年契約をしたと明らかにした。

2年契約は少し短いように感じます。
それぞれの旅にでたようですね。
posted by soccerboy at 07:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2006年07月10日

J2結果06年第26節

7月8日(土)に行われた。
札  幌  3−1  愛媛FC
仙  台  0−0  神  戸
草  津  2−2  湘  南
  柏    2−1  横浜FC
東 京 V  1−1  鳥  栖
徳  島  1−4  山  形
posted by soccerboy at 14:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | Jリーグ

w杯ドイツ大会イタリアが

イタリアが4度目の優勝・PK戦でフランス下す

 世界一を決める戦いはPK戦の末にイタリアが制し、4度目の頂点に輝いた。7分にジダンのPKで先制を許したが、19分にCKからマテラッツィが頭で決めて同点に追いついた。

 後半以降は一貫してフランスのペースに。マルダとアンリがドリブル突破で好機をつくるが、DFカンナバロの絶妙なカバーリングとGKブフォンの好セーブで得点に結びつかなかった。PK戦ではフランスのトレゼゲが外し、イタリアは5人全員が決めた。

 フランスは相手の倍以上の13本のシュートも実らず。この試合を最後に現役を引退するジダンは110分、マテラッツィに強烈な頭突きを見舞い退場。悔いの残るラストゲームとなった。

イタリアの優勝でした。おめでとう。

ジダンさんご苦労さんでした。しかしジダンの頭突きにはビックリした。レッド・カード一発でもらったからね。相当相手のマークがしつこくて頭にきたんだろうね。

ジダンはイタリアのDFマテラッツィと二言三言、言葉を交わした、その次の瞬間、相手の胸板にいきなり頭突きを食らわせた。

マテラッツイはもんどり打って倒れ、主審は副審に確認の上、ジダンにレッドカードを突きつけた。マテラッツイの演技も大げさだが、退場になった。

分からないわけではないが、プロだからいただけない。引退の試合なのだから、自制が必要だったと思う。

それ以上に頭カッカしていたんだ。
posted by soccerboy at 08:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | W杯

2006年07月07日

W杯ドイツ大会フランスメンバー

W杯ドイツ大会フランス代表メンバーです。
GK
1 ランドロー
16 バルテズ
23 クーペ
DF
2 ブムソン
3 アビダル
5 ギャラス
13 シルベストル
15 テュラム
17 ジベ
19 サニョル
21 シャンボンダ
MF
4 ビエラ
6 マケレレ
7 マルダ
8 ドラソー
10 ジダン
18 ディアラ
22 リベリ
FW
9 ゴブ
11 ウィルトール
12 アンリ
14 サーア
20 トレゼゲ

ありゃ、ジダンだけ色違いだ。アンリにも色がついていないよう。ジダンだけに広告貼られているのかもね。すごいなジダン。
posted by soccerboy at 09:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | W杯

2006年07月06日

決勝進出チーム

フランスが勝ち上がってきた。

ジダンの活躍で決勝まできた。

フランスとイタリアとの間で決勝が争われる。

私の予想は、2−1でイタリアの勝ちです。
posted by soccerboy at 08:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | W杯

2006年07月04日

J2結果06年第25節

7月2日(日)に行われた。
水  戸  0−2  仙  台     
7月1日(土)に行われた。
山  形  3−0    柏  
横浜FC  0−0  東 京 V
湘  南  2−1  札  幌
愛媛FC  0−2  神  戸
鳥  栖  2−1  徳  島
posted by soccerboy at 09:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | Jリーグ

2006年07月02日

いよいよ大詰め

W杯サッカーが、4強が出揃った。
ドイツ - イタリア
ポルトガル - フランス


ブラジル、イングランド、アルゼンチンは既に消えた。

さーあ、どこが優勝するのだろうか?
posted by soccerboy at 08:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | W杯

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。