2006年06月23日

日本ブラジルに負けた

日本、1次リーグ敗退・ブラジルに完敗


 サッカーのワールドカップ(W杯)ドイツ大会で1次リーグF組の日本は22日夜(日本時間23日早朝)、ドルトムントW杯競技場で前回大会優勝のブラジルと対戦、1―4で敗れて、決勝トーナメント進出を逃した。

 日本が2大会連続で決勝トーナメントに進出するには、最低でもブラジルに2点差で勝利することが必要。日本は34分、玉田のゴールで先制したが、前半終了間際にロナウドのヘディングシュートで追いつかれた。後半はブラジルの多彩な攻めの前に3点を失い、完敗した。

 ブラジルはこれで前回大会から続くW杯本大会の連勝記録を10に伸ばした。2得点したロナウドはW杯の個人得点通算記録の14に並んだ。

 F組のもう1試合、オーストラリア―クロアチアは2―2の引き分け。ブラジルに続く2位でオーストラリアが決勝トーナメント進出を決めた。


日本の最後のあがきも、ブルドーザーのようなブラジルに押しつぶされた。
無理だよな、点を取りに行けば、守備にしわ寄せが来るもんな。

でも無理しなければ、勝てる要素もなくなる。

オーストラリア戦さえ落とさなければ、違った形になれたのにな。

ロナウドは、ペレを抜いて、W杯最高ゴール数になったな。予選リーグで達成したので、さらに記録は伸びるだろうな。
posted by soccerboy at 06:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | W杯

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。