2006年05月31日

ドイツ2−2引き分け

日本、ドイツと2―2で引き分け・高原2得点も終盤に失点

 サッカーのワールドカップ(W杯)ドイツ大会に臨む日本代表は30日、ドイツのレーバークーゼンでW杯開催国ドイツと国際親善試合を行い、高原直泰(ハンブルガーSV)が2ゴールを決めて2―2で引き分けた。

 日本はW杯代表23人決定後初の強化試合で、W杯優勝を目指す強豪とほぼ互角の健闘だった。高原は後半12分、柳沢敦(鹿島)のパスを受けて先制。同20分にも2点目を奪い、一時は日本が2―0とリード。懸念される得点力不足も解消の兆しを見せた。

 しかし、ドイツも終盤にセットプレーから連続得点して追いついた。日本はW杯本番前に前回準優勝チームと引き分けて収穫も得たが、逃げ切れない課題も残した。

課題が山積しています。

個人技のレベルが高いドイツに引き分けに持ち込まれた。

気分は敗戦です。

必ずここを対戦相手は攻撃してくるでしょう。
posted by soccerboy at 10:41 | Comment(0) | TrackBack(5) | サッカー海外

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。