2006年04月27日

女性審判落選

初のW杯女性副審は誕生せず、体力テストで落選

国際サッカー連盟(FIFA)は25日までに、今年6月に開幕するワールドカップ(W杯)ドイツ大会で、史上初の女性審判となる可能性があったフランスのネリー・ビエンノさん(44)が体力テストで落選した、と述べた。

副審候補者80人を対象にした4日間にわたる体力測定、規則熟知の選考会で8人が漏れたが、そのうちの1人となった。短距離走行で基準に満たなかったという。

大会で出場する副審は60人で、5月初旬に最終発表する。FIFAは先月、ドイツ大会の主審23人を既に発表済み。

ビエンノさんは1996年、フランス1部リーグの試合で線審としてデビュー。欧州クラブ王者を決めるチャンピオンズリーグ(CL)や1996年、2004年の五輪の試合にも出場している。

W杯で女性審判が見られると思ったが、短距離走行で基準に満たなくて落選した。

女性審判はいつか見られるさ。
posted by soccerboy at 19:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | W杯

バルセロナも決勝進出

バルサ ドローで決勝進出

欧州チャンピオンズリーグは26日、バルセロナでバルセロナ(スペイン)―ACミラン(イタリア)の準決勝第2戦を行い、0―0で引き分けた。バルセロナは1勝1分けとし、準優勝した1993―94年シーズン以来、12季ぶりの決勝進出を決めた。

 5月17日の決勝(サンドニ=フランス)は、91―92年シーズン以来、2度目の制覇を目指すバルセロナと、初優勝を狙うアーセナル(イングランド)が顔を合わせる。

 敵地での第1戦に1―0で勝ったバルセロナは、ロナウジーニョ、デコらが中盤を支配し、優勢を保った。昨季準優勝で3季ぶりの優勝を狙ったミランは攻撃陣が精彩を欠いた。

 ≪攻撃姿勢で反撃封じる≫敵地で挙げたバルセロナの1点には値千金の重みがあった。第2戦の90分間の戦いには、その余裕と自信が随所に表れた。攻撃姿勢を貫き、ACミランの反撃を封じ込んだ。速いパス回しからエトーが抜け出してシュート。ロナウジーニョ、デコも多彩に仕掛けた。チームの勢いの差を象徴したのは、後半に入ってからだった。ミランは35歳のカフー、34歳のルイコスタを投入して反撃の糸口をベテランに求めた。だが、カフーのサイド攻撃はエトーが守備にも回り、ルイコスタもデコ、イニエスタの激しいプレスを受けて攻め手を失った。対照的にバルセロナは若い選手たちが生き生きと動き回った。勢いで2戦ともノーゴールに抑え込んだ。

昨日の予想どうり、バルセロナが出てきました。決勝進出チームは、アーセナルとバルセロナです。

優勝チームの予想は、アーセナルだと思います。
posted by soccerboy at 13:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー海外

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。