2006年04月07日

VISAが公式スポンサー

2007年からVISAがFIFAの公式スポンサーに

クレジットカード大手のVISAがFIFAと公式スポンサー契約を結んだことが明らかになった。契約期間は2007年1月から14年までの8年間。ロイター通信が報じた。

 現在FIFAの公式スポンサーを務めるマスターカードは、1990年からFIFAと契約。2006年W杯のチケット販売について、FIFAおよびドイツサッカー協会と独占契約を結んでいるが、マスターカードに代わり、07年から公式スポンサーとなるVISAは、契約期間中に2度のW杯(10年/南アフリカ、14年/開催地未定)を迎えることになる。なお、契約金は2億ポンド(約412億円)に上るとも伝えられている。

クレジットカード大手のVISAがFIFAと公式スポンサー契約を結んだことが明らかになった。契約金は2億ポンド(約412億円)に上るとも伝えられている。

FIFAは商売上手なようですね。このお金どこに消えるのだろうか。選手育成費にでも使うのだろうか?

それにしても大金ですね。
posted by soccerboy at 17:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

マンU、米AIG広告契約

マンUが米AIG広告契約を結んだ。

契約内容は、以下です。

今年夏からの4年間で総額5560万ポンド(約120億円)を受け取る。これまで最大だった伊ユベントスと同国石油大手との広告契約額とほぼ同額で、世界的に人気が高まる欧州の有力チームの広告価値の高さを物語っている。
サッカーのマンU、米AIGと4年120億円の広告契約


 英名門プロサッカーチームであるマンチェスター・ユナイテッド(マンU)は6日、米保険会社AIGと、ユニホームの広告で大型契約を結んだと発表した。マンUは今年夏からの4年間で総額5560万ポンド(約120億円)を受け取る。これまで最大だった伊ユベントスと同国石油大手との広告契約額とほぼ同額で、世界的に人気が高まる欧州の有力チームの広告価値の高さを物語っている。

 今回の広告契約ではマンUのユニホームの胸元に「AIG」のロゴがプリントされる。現在の英ボーダフォンが昨年11月に今季限りで契約を打ち切ることを決めたため、マンUが新たな広告主を探してきた。AIGとの契約額はボーダフォンによりも5割も高くなった。

 欧州サッカー業界ではスペインのレアルマドリードや独バイエルン・ミュンヘンなど一部の有力チームで年間20億―30億円程度の大型契約が相次いでいる。

金額の大きさに驚かされました。ユニフォームに「AIG」のロゴがプリントされるだけなのにな。有名選手の胸に入れるだけだが、広告宣伝効果は大きいのだろうね。
posted by soccerboy at 10:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

ベッカムボックス

柳沢ベッカムボックスでの治療開始

右足第5中足骨骨折からの復帰を目指す鹿島の柳沢が高気圧酸素治療器での治療を開始した。治療を終えた柳沢は「最高です。これからも毎日入るつもり」と笑顔を見せた。イングランド代表MFベッカムが02年W杯前に左足第5中足骨を骨折し、全治6〜8週間と診断されながら同じ装置を利用して驚異的回復でW杯本大会に出場した。同じ復帰プランを描く柳沢は「体にいいことはすべてやる」と力を込めた。

へー、柳沢はベッカムボックスで治療するんだ。

ベッカムボックスって見たことないから、イメージは湧かないが、こんな武器があったんだ。

ベッカムボックスで早く直して、早く復帰することを祈ります。柳沢頑張れ!
posted by soccerboy at 08:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | Jリーグ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。