2005年12月22日

放映権ビジネス

独サッカー国内リーグの放映権料、来季から40%アップ


独サッカーリーグ(DFL)は21日、2006年秋から07年夏までの来シーズンの放映権料が、4億2000万ユーロ(約590億円)になると発表した。今季の実績を約40%上回り、過去最高の水準だ。英国などに続いてドイツでも放映権ビジネスが過熱してきた。

 プロリーグ「ブンデスリーガ」の来季から3年契約の放映権料は総額12億6000万ユーロ。同リーグは土曜、日曜だけだった公式試合を金曜日にも実施する。ドイツテレコムが提案していたインターネットでの中継も来季から認めた。

テレビ放映権がお金になることが分かると、すぐに放映権の値上げです。40%アップとは、驚いた。いまどき40%とは、少し取りすぎじゃないのかな。

W杯のこともあるので、高く請求しているのかな?

サッカーも段々と金まみれになっていくような気がしてならない。
posted by soccerboy at 12:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

大黒、怪我の状態

大黒軽傷 準決勝間に合う!

19日のテレビ番組収録中に右足首を負傷したG大阪FW大黒が茨木市内の病院で精密検査を受け右足首捻挫と診断された。軽傷で患部の腫れがひけば、すぐにチーム練習に合流できる。24日の天皇杯準々決勝(C大阪戦、長居)の出場は難しいものの、勝てば29日の準決勝(静岡)にはベンチ入りできる見込み。西野監督は「予想より軽傷?そうだね。試合出場?分からないよ。あいつはケガに慎重だからね。でも、まあ、みんなも雄姿を見たいだろうしね」と勝ち進めば大黒を起用する考えを示唆した。

軽傷の捻挫でよかった。

報道が過熱しているのか、選手が大げさなのか分からないが、サッカーでは、すぐに怪我という文字が並ぶ。

外国選手は、あまり怪我で欠場しない。日韓共同開催のW杯の時のジダンのように見ていて、負傷しているのが、わかることもあるが、あまり調子悪そうなプレイは見ない。

日本は、すぐに怪我を大げさにするのが、癖なのかも知れないな。

ともかく大黒の怪我は、軽そうでホットした。
posted by soccerboy at 07:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。