2005年10月11日

小野、代表チーム離脱

右足小指の炎症で8日のラトビア戦を欠場したMF小野伸二が10日、サッカー日本代表チームを離脱した。

12日のウクライナ戦への出場を希望していたが、痛みが依然残るため大事を取ったもので、キエフからオランダへ向けて出発した。つまり帰国した。

昨年12月に左足首を手術、今年6月に右足甲疲労骨折と故障続きです。9月18日のヘーレンフェーン戦で復帰してからは、15日間で4試合の過密日程をこなし代表に合流していた。出場機会も余りあったわけではない。

体が資本のプロだから、早めに治した方が良い。左足首手術でその後右足の故障は、負担がかかりすぎのため、じっくり直さないと、プロとして致命的故障になりそうだ。体の柔らかさがなくなるかも知れない。
posted by soccerboy at 08:10 | Comment(0) | TrackBack(1) | サッカー海外

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。