2005年08月18日

W杯アジア最終予選イラン05

イランを破ってB組首位でW杯アジア最終予選を通過した。

序盤から攻勢に出て、前半28分、玉田の左サイドからのグラウンダーのクロスを飛び込んだ大黒がスルー、ノーマークで詰めていた加地が右足で流し込んで先制。後半31分には左CKに密集から何となく加点した。

 3分後の同34分にダエイのPKで1点を奪われたが、終盤に運動量豊な今野、MF阿部と守備を固め逃げ切った。

イランは、少し体が重いように感じた。若手はなかなか切れ味があった。


この試合の注目度は、テレビ朝日系が中継した、サッカーのワールドカップ(W杯)アジア最終予選、日本対イランの視聴率は関東26.0%、関西17.7%だった。

同じ日、TBS系が中継した中日―巨人戦の視聴率が関東地区で5.0%と、巨人戦の今季最低であったことが、ビデオリサーチの調べで分かった。関西地区は4.9%だった。

サッカーの方が人気あるみたいだね。

posted by soccerboy at 06:31 | Comment(0) | TrackBack(2) | サッカー国内

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。