2005年08月06日

腰痛

東アジア選手権に出場中の日本代表FW田中達也(浦和)が5日夜に大邱で行われた練習途中で腰を痛めて途中離脱した。チームのドクターによれば、「急性の腰痛」という。

アテネ五輪代表の田中達は今大会で初めて代表に選出され、2試合に出場した。7日の韓国戦(大邱)出場が予想されていた。

テレビで見た感じでは、かなり悪そうです。ほとんど動けない状態で、皆に担がれ病院に向かった。

プロの選手の体ってこんなにもろいのかな?

小野の足の甲の骨の骨折もそうだが、小さいときから無理しすぎなのかもしれない。食生活を見てみたい。

急性腰痛は、ギックリ腰だったようです、絶対安静ですから、韓国戦出場は、無理だす。
posted by soccerboy at 05:35 | Comment(0) | TrackBack(1) | サッカー海外

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。