2005年08月04日

なでしこ引き分け

東アジア選手権で中国と対戦した。日本は終盤に決定機を築いたが、得点できず0―0のドローに終わった。初戦の北朝鮮戦に敗れている日本は勝ち点1で3位となり、目標とする優勝は難しくなった。6日に最終戦で韓国と対戦する。

なでしこで参考になるのは、1−2のやり方、狭いところでもワンツーを有効に使い、得点チャンスを作るところが参考にすべきだと思う。ドリブルの決定力がないので、磨きをかけているのだろう。

男子と比べると、良く分かる。横もしくは、後方へのリターンパスだけで組み立てているから、駄目なのだ。縦に出し、ワンツウで後方に戻して、少し角度をかえてシュートを打たないと得点には結びつかない。

FW田中達也のゴール前のプレーをおもいだして欲しい。前方の中国選手に当たって戻ってきたボールは、完全なワンツゥパスです。日本人同士でやれたらもっとカッコよかったが、縦のワンと少し角度が変わったツウです。縦をつかなければ、横は効かない。

阿部へのスルーパスはDFに阻まれたが、ボールは再び田中達の足元に返ってきた。
「パスを出したら戻ってきたんで打とうと思った」と言っているように、角度があればまた入る確率も高まる。

ボールをキープしている時は安全、ボールを打てば、相手に取られる可能性が出る。

横回しのパスは、同じスピードで回せば、危険も増えます。それを毎回組織プレーと誤解してやっているところに、日本代表の策のなさ、決定力がないことに繋がる。

なでしこを見習った方がよい。

18歳のFW永里が不発だが、きっかけを自分でつかむことも大事です。守備に回ることの多いMF沢はシュートを打たないとゴールできない、怖い選手と恐れられない。それでは点が入らない。だから結果は恐れない。

関連記事
決定力不足
第1回東アジア女子大会
posted by soccerboy at 13:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー海外

東アジア選手権05対中国戦

やっとこ、同点に追いついた。2−2で引き分けでした。

先発メンバー総入れ替えの日本代表であった。FW田中達也の左足のゴールでした。俊敏さを生かすドリブルが出来るから、足元のボールを見ずに相手の逆を突く動きができる選手です。

駒野と村井のA代表初出場コンビが中盤の両サイドでまあまあの動きでした。

ジーコ監督の総入れ替えは、北朝鮮戦に負けてから出てきた構想ですが、おや、保守的なジーコ監督としては珍しいと思った。

監督も、戦績と選手を育てるという二重背反に直面しているのだと、感じました。
posted by soccerboy at 09:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー海外

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。