2005年07月28日

レアル・マドリード、二戦目

レアル・マドリードは27日、味の素スタジアムでジュビロ磐田と対戦した。25日には東京Vに0―3とまさかの完敗を喫したが、日本2戦目でスター軍団の本領を発揮し、ロナウドの2ゴールなどでやっと3―1と快勝した。

1―1の前半27分、ロナウドは自らが倒されて得たPKで今ツアー初ゴールを決めると、2点目は後半ロスタイムに、3度、4度とオフサイドを繰り返しながらタイミングをつかんだ。フィーゴのパスに絶妙のタイミングで飛び出し、一気に加速。DF陣を置き去りにし、最後は冷静にGK川口能の股間を通した。

やれやれといった試合でした。

でも2試合の観客は計6万4728人で、6月の日本遠征2試合で11万6764人を集めたスペイン王者バルセロナに遠く及ばなかった。やはりタイトルなしでは、こんなものだろう。
posted by soccerboy at 06:39 | Comment(1) | TrackBack(5) | サッカー国内

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。